散骨するのに人気の場所

もっとも散骨場所として人気が高いのは、美しい海への散骨で、約75パーセントの人がそれを望んでいるようです。

47NEWSに対する期待が寄せられています。

中でも人気が高いのは、ハワイや沖縄といった南国の海で、そのほかにも、故人が幼少期を過ごした故郷や思い出深い旅先の海などを選ぶ人も多いようです。

ただ、海ならどこでもよいのかというとそうではなく、海水浴場や養殖場周辺、漁場、海上交通周辺は避け、人目につかない配慮が必要となりますから、注意が必要です。

散骨に関してとにかく簡単に調べられます。

散骨は、ルールを守って、節度を持っておこなう分には、法律的にも問題はありません。そのため、基本的には空や山に遺骨を撒くということも可能ですが、山や陸上の場合には、所有者や地域住民の理解や許可なども必要となりますから、後々トラブルにつながる可能性も高くなってしまいます。



そういった面で、もっともトラブルが少ないのは、海といえます。
近年の少子高齢化が進む中、従来のお墓に埋葬するという葬送に不安を感じている人も少なくありません。
先祖代々のお墓が、居住地から遠く離れている場合には、お墓参りも難しく、後継者がいない場合には、お墓を維持・管理することが難しくなります。
また、お寺や霊園の管理費用など、子供や孫へ負担をかけたくないという考え方を持つ人も増え、散骨を選択肢の一つとして考えている人も急増しています。


ただ、どんなに故人が散骨を希望していたとしても、まだまだ日本では認知度の低い葬送で、反対する遺族や親族も少なくありませんから、周囲の理解を得てから行うことが大事です。