散骨の種類はとても多い

散骨というと、海に遺骨を撒く方法が一般的ですが、その他にもたくさんの種類があります。

ロケットニュース24情報を選びました。

別名自然葬とも言いますが、その言葉に置きかえると、わかりやすいです。

・海洋散骨船で沖合まで出ていき、大海原に遺骨を撒きます。

個別や合同、委託などの方法があります。
・樹木葬墓地や霊園で決められた場所の樹木の根元に遺灰を撒きます。サクラなどが咲くことで、感慨深い思いに浸ることができます。

・山林葬いわゆる山林に遺骨(遺灰)を撒くことです。


自分で所有している場合は問題ないかもしれませんが、一応陸地での散骨でルールがある場合もありますから、自治体にお尋ねください。


・自宅葬家の庭に撒くのですが、節度あるルールで、近所迷惑にならないことが大切です。・宇宙葬カプセルなどに遺骨を入れて、ロケットなどで宇宙に飛ばすことを言います、・空中葬セスナ機やヘリコプターで空から海に向けての散骨です。



などです。



それぞれ限定された範囲内でしか葬送の形はとれないのですが、許可さえあれば、山林などでの散骨も可能です。遺骨を自然にかえし、大地の一部や海洋の一片になることで、自然に帰るという考え方は、現在多くの支持を受けています。
これからは、墓を持たない世代が多くなるのと、自然葬で自然と融合した形の葬送が主流になっていくかもしれません。


自分で自信がない時には、是非業者などに問い合わせてみてください。現在はさまざまな相談もできるようになっています。