散骨のメリットはいろいろ

散骨を行う方が増えています。


生前の希望の場合も多いですが、墓もない、檀家になっているお寺もない場合はメリットの多い葬送の形です。

具体的なメリットは・費用がかからないもし新しく墓を建てることになると、現在は100万円以上はかかりますし、場所の問題もあります。

様々な分野の47NEWS全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

しかし、散骨は費用面では、海洋の場合、粉骨と船のチャーター代程度で済み、場所の心配もありません。


自分で行うにしても20万円くらいから行えるようです。業者も存在して、最低30万円度で、法律に則った散骨を行うことができます。
・故人の願いお墓を作らないことを遺言とした場合、散骨によって願いに叶えることができます。



ここ20年くらいで一般的になったことですが、全国的にも散骨が可能な地域は増えています。

「葬式はしなくても良いし、墓は建てずに、そこら辺に撒いておいて」という願いも叶えることができます。
・墓守の必要なし例えば、子孫がいない、後継者がいない、寺の檀家にもなっていないなど、自分の墓を建てたとしても、その後面倒を見てくれる事ができない事情もあります。また、子供には負担をかけたくない方にも最適です。

散骨情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

永代供養の納骨堂もありますが、これは永遠に形が残ります。しかし、この場合一度きりの行事で後々まで墓守をする必要がありません。
後継者がいない家庭においては、墓がないことで負担を最小限にできるのは最大のメリットです。

きちんと決まった場所で、節度ある葬送をする上では、スマートで経済的な形と言えるでしょう。