生前の終活において散骨を希望する人が増えています

最近では老齢を迎えた人が生前のうちに自分自身の葬儀のあり方を取り決めるケースが多く見られるようになっています。



これはいわゆる終活と呼ばれるもの。


その中でも葬儀会社が開催するセミナーなどに参加して自身の遺骨の埋葬方法などについても多様な選択肢の中から選び取る傾向が強くなっているのです。

リクナビNEXT JOURNALに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

とりわけ散骨は各方面で注目を集めている弔いのあり方と言えるでしょう。
日本では古来より子孫がお墓を守るという考え方が続いてきました。しかし昨今の少子化傾向はお墓を守るべき子孫の現象を意味し、さらにその土地に縛られてしまうと引っ越しや転勤などの際にかえって面倒になるケースも増えています。

散骨情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

そこで子供たちや子孫に迷惑をかけないあり方として自分の遺骨を墓地に納めるのではなく自然へと帰す散骨という方法が注目を集めているわけです。
ただし、散骨を行うにあたってはどこででも行っていいわけではありません。


私有地ならば事前に許可を取ることも必要ですし、川や海や森といった自然であっても付近住民に迷惑をかけるものであってはなりません。その意味でも、日本において散骨できる場所は限られていると言えるでしょう。

散骨関連に詳しい葬儀会社ではこれらの候補地となる場所をわかりやすくリストアップして利用者に提供しています。さらにこの問題に関する様々な疑問や不安などにも丁寧にサポートしていきますので、安心して身を委ねることが可能です。

まだ日本では馴染みの浅いこの様式ではあるものの、こう言ったバックアップ体制があってこそ、遺された者たちに迷惑をかけることなく執り行うことができるのです。