遺骨を散骨するメリットとデメリット

category01

散骨を経験した人のほとんどは、お金がかからないといわれています。散骨自体は、粉骨費用や船のチャーター代などはかかりますが、お墓を建てる従来の葬送と比べると、約10分の1程度の費用で抑えることができ、粉骨だけを業者に依頼し、自分たちで骨を撒くという場合には、費用は散骨代と交通費程度で、数万円ですみます。
また、お墓の場合には、霊園やお寺へ管理料を支払い、維持費がかかりますが、散骨の場合には、そういった維持費もかかりません。

そのほかにも、先祖代々のお墓を引き継ぐ場合、お墓のある箇所から遠く離れたところに住むことになった場合、お墓を守ることが物理的に難しくなってしまいますし、少子高齢化にともなって、後継者がいないという問題もおこってきます。

一方、散骨はお墓がありませんから、居住地を自由に選ぶことができ、万が一お寺や霊園が破産しても、お墓はありませんから、問題は永久的におこりません。



ただ、デメリットとして、お墓参りや献花ができず、遺骨を後世に残すことができないということがあります。

散骨のことならこちらのサイトをご覧ください。

従来のお墓のように、決まった場所がありませんが、海に撒いた場合には、海全部がお墓だと思うこともできますし、山に撒いた場合には、山全体がお墓だという考え方もできます。

形として後世に残すことができなくなるというデメリットがありますが、子孫への各種負担がいっさいなくなりますし、経済的な点からもメリットは大きいといえます。

Reutersの情報が更新されています。

専門知識

category02

最近では老齢を迎えた人が生前のうちに自分自身の葬儀のあり方を取り決めるケースが多く見られるようになっています。これはいわゆる終活と呼ばれるもの。...

subpage

生活が気になる方

category02

散骨というと、海に遺骨を撒く方法が一般的ですが、その他にもたくさんの種類があります。別名自然葬とも言いますが、その言葉に置きかえると、わかりやすいです。...

subpage

生活について思うこと

category03

もっとも散骨場所として人気が高いのは、美しい海への散骨で、約75パーセントの人がそれを望んでいるようです。中でも人気が高いのは、ハワイや沖縄といった南国の海で、そのほかにも、故人が幼少期を過ごした故郷や思い出深い旅先の海などを選ぶ人も多いようです。...

subpage

大事な生活の事

category04

散骨を行う方が増えています。生前の希望の場合も多いですが、墓もない、檀家になっているお寺もない場合はメリットの多い葬送の形です。...

subpage